日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~ 3話完全ネタバレ

2019年の夏、最大のヒットのエロ漫画、日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~ 3話 「やだ…こっち見ちゃダメっ」隣の布団で従弟に抱かれる姉の顔~の詳しいあらすじが含まれていますので、注意して読み進めて下さいね。

 

3話はついに本番に突入するようですね!

 

主人公のヒロは自分も初めてのセックスに興奮している中、姉の涼音のセックスも同時に目撃することになり戸惑いと高揚感と背徳感に襲われて大変な心情になっています。

 

3話のネタバレを含んだあらすじ解説をこれからしていきますので、細かいネタバレに抵抗のある人はブックライブのコミック無料試し読みで好みとマッチしているか確認してみてくださいね!

 

↓↓クリックで無料試し読み↓↓

3話あらすじ

タケルが涼音を口でイかせた様子を見ていました。

ヒロはどことなく悔しい気持ちになり愛美を気持ち良くさせようと必死で舌を動かします。

 

愛美と涼音それぞれ、ヒロとタケルに手マンや口でイかされて

 

もっと…

 

と盛り上がりそうになった所で両親がタイミング悪く帰宅してしまいあえなく中断。

 

 

急いで4人は下着を身に付け、片付け始めます。

 

しかし、体内に溢れた熱は発散場所をなくしてしまい、みんなそろって夕飯時は上の空。

 

喧嘩でもしたのかと両親に心配されてしまうほど、顔を赤くしてお互い会話もあまりなく過ごしました。

 

 

就寝時、幼い頃と同じように座敷で4人一緒に寝ることになりました。

それぞれ昼間のことを思い出し、お互いの存在を意識して興奮してしまい中々寝付けないでいました。

 

 

そんな微妙な空気感の中、愛美が

 

「ねぇ、みんな起きとる?」

 

と声を掛けます。

 

何故か突然、昔聞いたエロい話をし始めます。

 

昔は夜這いというものがあって

男性が女性の布団の中に入って…

 

という説明を愛美がしていると、タケルが興奮を抑えきれない様子で涼音の布団に襲い掛かります。

 

 

止めてくれとヒロに頼む涼音でしたが、ヒロも興奮してタケルと同じことをしようと思っているので止めることは出来ません。

 

涼音は抵抗を続けますが、愛美に本当は涼音も期待していたはずだと指摘されます。

 

タケルはもう自分を抑えることが出来ず、ついに挿入してしまいます。

 

 

くちゅん!

 

 

気持ち良さに腰を動かし続けるタケル。

 

姉が感じている姿をヒロは血眼で見詰め、これまた興奮を抑えきれない様子。

 

なんとタケルはそのまま涼音の中で中出しした上、ディープキスに突入します。

 

姉を感じさせているタケルに嫉妬を覚え3話は幕を閉じます。

 

↓日に焼けるまで・無料試し読み↓

3話感想

今回はタケルと涼音の本番シーンのみでした。

 

てっきり3話でヒロと愛美も本番を迎える物だと思っていたので少し拍子抜けしました。

ですが、3話分を丸々タケルと涼音の本番に使われている分、雑なセックスシーンにならなかったのが結果的に良かったです。

 

冒頭でいよいよこのまま本番に突入するのか!?

と思われた絶妙なタイミングで両親が帰宅するのも、お預け感を読む側に良い感じに与えてきて嫌いじゃないです。

 

3話で一番のお気に入りは、雑魚寝しているシーンでの涼音の乳首の浮彫具合。

寝巻だからこその無防備さがたまらない。

 

4話では愛美とヒロの本番がいよいよ拝めるので、正座して読みます。

 

↓↓クリックで無料試し読み↓↓


4話のネタバレ